(こちらの連載は新建ハウジング発行「だん8号」からの転載です)

2018年に自宅マンションのフルリノベを行った社会派ブロガーのちきりんさん。
すべての窓に「内窓」を付けたところ「効果てきめんだった」といいます。今回は窓の断熱機能についてさらに学びたいというちきりんさんが、様々な疑問を解消するためYKK AP体感ショールームを訪問。その際にリノベ後の住み心地についてもお伺いしました。(前回記事はこちら


 

Q1 マンションの窓の断熱性能を高める方法は内窓の追加だけ?

 

A. 一戸建てなら既存の窓を取り替えられますが、マンションの場合、外窓は共有部分であり、取り替えには管理組合の許可が必要で、かなりハードルが高くなります。

一方、内窓を付けて二重窓にする方法は、外窓を傷つけずに窓を高断熱化できるので制約も少なく簡単です。

なお、マンション全体で行う場合は、大規模修繕時に全住戸「カバー工法*」で高断熱化する方法もあります。((*)既存枠を残したまま、新しい窓を上から取り付けるリフォーム工法)

 

 

Q2. 性能で窓を選ぶ際、遮熱・断熱目的で重視すべきなのは「枠(サッシ)」「ガラス」「スペーサー* 」「ガス」のうちどれ?

 

A. 熱は面積に比例するので、大きいものから順に大事だと思って下さい。答えは[ガラス(+ガス)>枠>スペーサー]です。

(*)スペーサーは、複層ガラスの中空層をつくるための部材。アルミまたは樹脂でできています

 

 

Q3. 窓の方角によってガラスの種類を変えたほうがいいって本当?自宅リノベで入れた内窓のタイプは正解だった?

 

A. 一般的には[図]の通りになります。西日は極力入れないのが鉄則で、それ以外の方角は冬の日射を採り入れることができるよう断熱タイプがおすすめです。

また夏場、南面窓から直射日光が入ると、断熱タイプのガラスでも防ぎ切れずに室内がモワっとしてしまうので、庇やすだれなどを設置して窓の外で日射を遮る工夫をすると効果的です。マンションでは、上階のバルコニーが南面窓の庇の役目を果たしてくれることがあります。

なお、ちきりんさんのお宅で選んだ内窓のガラスの種類は大正解でした。

 

 

 

Q4.Low-Eガラスって何?断熱と遮熱の違いは?

 

A. Low-Eは「低放射」の意味で、熱(赤外線)の出入りをコントロールできるガラスです。

断熱タイプと遮熱タイプがあり、赤外線を反射する金属フィルムを室内側に貼ったものが断熱タイプ、室外側に貼ったものが遮熱タイプです。熱の伝えにくさを示す「U値(熱貫流率)」は両タイプとも変わらず、室内の暖められた/冷やされた空気を外に逃さない保温・保冷の働きをします。違いとして、断熱タイプは冬の日射エネルギーを採り込むため寒さの解消に、遮熱タイプは夏の日差しや西日による暑さの解消に役立ちます。

両タイプとも紫外線をカットする機能*もあります。(*)Low-E金属フィルムの色によりカット率は異なります。

 

 

Q5. 新築マンションに最初から樹脂窓は付けられないの?

 

A. マンションの場合、戸建て住宅以上に防火や耐風圧など断熱以外の性能を求められるため外部に面した窓を含めてのオール樹脂窓は難しく、現時点でマンション向けで一番高性能なのはアルミ樹脂複合窓です。

ただし、内窓であればどんな素材でも問題なく付けることができます*。((*)施工する窓の種類によっては取り付けられない可能性もあります)

 

 

Q6. アルミと樹脂窓、コストはどのくらい違うの?

 

A. 木造住宅に使う窓でコストを比較すると、アミ窓を1とした場合、樹脂窓はそのおよそ3倍です。樹脂サッシは高いと思われるでしょうが、これでも量産化によりずいぶん安く供給できるようになりました。樹脂サッシが主流の北海道では、それ以外の地域より手頃な価格で入手することができます。

 

 

Q7. 窓以外の断熱性能はどう考えればいいの?

 

A. 住まい全体の「UA値(外皮平均熱貫流率)」、つまり「熱の逃げにくさ」の値が低いほどいいと考えてください。

窓以外だと、外壁、床、天井、土間基礎、界壁・界床それぞれのU値(熱貫流率)、面積、厚みでUA値は変わってきます。

さらにマンションの場合、住戸がどの位置にあるかでその家の断熱性能は大きく変わります。ちきりんさんのお宅のように上下左右に囲まれた中住戸は最も熱が逃げにくいポジションです。

 

 

 

Q8. 内窓は、一部の窓にだけ付けても効果がある?

 

A. たとえば西日対策のために西側の窓1カ所に内窓を設置すると、西日の問題は改善されますが、断熱性の低い他の窓に結露が発生しやすくなるリスクがあります。

全窓に内窓を付けるのが一番理想的ですが、コスト的に難しいという場合は、1室ごとに考えるのがおすすめです。まずは滞在時間が長いLDKや寝室で試して、効果の高さを実感できたら別の部屋へと広げていく。内窓ユーザーの多くは、こんなふうに内窓の設置箇所を少しずつ増やしているようです。

 

 

◆ ちきりんさんが行った断熱リノベ概要 ◆
・5カ所の掃出し窓すべてに内窓を取り付け「二重窓」に+外周に発泡ウレタン35mm吹付け
・ 使った内窓は「プラマードU」。ガラスタイプは、南面3カ所と北面1カ所は「 Low-E複層ガラス断熱タイプ・アルゴンガス入り」、西面1カ所は「Low-E複層ガラス遮熱タイプ・アルゴンガス入り」にした